ウィッグ失敗話色々

トリートメントしてべたべた

髪の毛を普段洗うシャンプーとリンスで、ウィッグも洗っていて全然問題なかったので、ああ、トリートメントもしたらきっと、柔らかくなって、艶がでで、長持ちするんじゃないかなと、ついつい良く考えずにやっりました。

 

ところが大シュッパイ、ウィッグがべたべたして気持ち悪い状態に。
せっかくサラサラだったのに台無しで、何度も粗い直しましたよ。まったく、おばかな話です。

 

良く考えてみれば、髪の毛の中には浸透して、髪負けの内部からケアしてくれますが・・・・人工ファイバーの繊維には、トリートメントしたって、しみこまないじゃん!
表面にくっつくだけでべたべたしてしまうのは当然と言えば当然です。

 

ウィッグスタンドをケチって絡まる

最初はウィッグそのもののことしか考えなかったから、ウィッグスタンドとか購入するのをケチりました。
つまりそこらにベターっと寝かせておいておいたら、くんな癖がついてしまいました。

 

櫛でとかして、直そうとしたら、逆に絡まってどうしょうもないも無い状態に。
おまけにその櫛も、普通のヘアブラシ。そりゃからまりますよね。

 

あとでウィッグ専用ブラシを購入してとかしたら・・・げっこんなに違うのかっと思いました。
今はマネキンヘッドに保管しています。

 

ウィッグ初心者が多くとおるみちでしょうか?

 

ケアアイテムは揃えておこう

 

ウィッグ購入時にケアアイテムも買っておこう

失敗談の所でかきましたが、ウィッグは最初に購入するときから、メンテナンス用品も購入しておくべきです。

 

例えばウィッグ専用ブラシ。絡まった時とか、普段のメンテナンスとか、絶対普通のヘアブラシとは違いますので、必要です。

 

普通のヘアブラシは、間隔が狭いので、直ぐ静電気がたった、ぼそぼそになりますしね。
カール付のウィッグなどは、絶対とかしてから利用するほうがかわいくきまります。

 

もちろんとかす時には、ウィッグ用のスプレーが必要です。
これって、ホームセンターとかドラッグストアーとか、百均とかで探したけれど、どこにもなくって、しかも講習したウィッグショップで買おうとしてら、売り切れていて、なかなか手に入らず困ったことがあります。

 

特に海外製の油分の多く含んだものとかは、人気で買えない状態が多かったりしますし。
買える時に買っておいた方が絶対いいです。

 

シャンプーは必修

シャンプーとリンスをまめにしておくと、全然絡み具合が違います。
もちろん使う間中区にもよるでしょうが、最低でも3ヶ月に一回はしておくべきです。

 

それと、日陰ぼしは絶対ですね。傷み方が違うと思います。

ウィッグのメンテナンスに役立つ情報

前髪ウィッグ 人気
おすすめの前髪ウッィグの通販の情報があります。
人気の前髪ウィッグについて知りたければこちらがいい。wigのアレンジやお手入れの方法もあります。

おすすめの自然なウィッグ
自然な髪に見えるお勧めのウィッグを紹介します。またウィッグを自然に見せる方法やこつについて教えます。普段使いできる安くてもばれないウィッグが手に入ります。

ウィッグ評判
不自然なテカリがなく、自然な艶のある毛質であることなどを条件としてウィッグの評判についてまとめています。

 

評判の良し悪しでウィッグを選びたい奈良はここ。ウィッグのアレンジについても参考になります。

ボブウィッグおすすめ
勇気のいるボブスタイルに挑戦するならウィッグで始めるのがおすすめ。
リネアストリアなどのボブウィッグのおすすめをまとめています。