アレンジに必要なものと方法

マネキンヘッド(ウィッグスタンド)

できれば、マネキンヘッドもほしいところです。

 

保管にも、メンテにも、カットをする時にもとても便利です。

 

ウィッグの販売店であれば、たいてい500円ぐらいで、折り畳みの簡易スタンドが売っていますね。

 

フルウィッグは、ぺったりとおいてしまうと、どうしても絡みやすくなりますし、癖もついてしまうので、ウィッグスタンドにおいておくのがいいのは当然ですが・・・

 

それでも、ショートやミドルのフルウイッグならばいいのですが・・・

 

ロングウィッグでは、高さが足りないので、どうしても下につくことになります。

 

これでは結局、長い保管では癖がついてしまいますし、絡みやすくもなります。

 

おすすめはの洋服スタンドを購入して、突端にウィッグが乗せられるようなものをつけて、そこに載せるのがベストです。

 

マネキンヘッドをこの洋服スタンドにつけてしまうという手もあります。

 

マネキンヘッドは、ウィッグをアレンジする時にもとても便利なので、できれば、1つは持っているといいと思います。

 

安いものだと2000円前後でも購入できます。

 

まあそうはいっても、5つも購入したら、1万円超えてしまうので、それだけの予算があったら、ウィッグを購入したほうがいいわけではありますけれど・・・

 

ウィッグは結構ウイッグ自体以外の所でスプレーとかの消耗品のコストもかかりますので、それらの予算も考えていかないといけませんね。

 

フルウィッグが3つあったら、スタンド3つに、マネキンヘッド1つ、コーンと、専用の櫛、専用のスプレーなどが1セット必要になりますね。

 

ああ、もう一つ忘れていました。フルウイッグには、ネットも必要でしたね。

 

ウイッグ専用のブラシ

ケチって買わなかったけれどやっぱりウィッグ専用のブラシが必要だった

 

ウィッグそのものにお金を使いたかったから、ブラシは買わなかった。

 

どうせ、普通のブラシと大して変わりないでしょっておもっていたので、もったいないと考えていました。

 

だから、ウィッグ専用のブラシの使いやすさなんて知りもしなかった。

 

いつも、たっぷりスプレーしても結構普通のブラシでは力が必要で・・・こんなに力入れてたら、抜けちゃうよな・・・

 

傷みも早いだろうし・・・、それから絡んだ時の厄介なこと、ほとんど櫛がとおらない。

 

しかたがないので、洗って櫛が通りやすくなってからとかした。

 

でも、試しに、ウィッグを次に購入するときに、専用ブラシが安くなっていたので、購入しました。

 

すると、なんということでしょう〜

 

全然櫛どおりが楽なんです。当然ですよね・・・ブラシの間隔が広いので、摩擦が少なく、簡単に櫛がとおる

 

ちょっとぐらい絡んだ時も全然楽・・・・

 

あー今まであんなに苦労していたのはなんだったのかなとおもったのです。

 

前髪を上手にカットするには

 

ウィッグを購入すると、たいていの場合、ちょっと前髪長いかなあ・・・・と思うのではないかと思います。

 

ポイントウィッグでも前髪ウィッグはちょっと長めでないかと思います。

 

これはふりーサイズで作ら毛ているので仕方がないことだと思います。

 

それがいやだったら、オーダーメードになってしまうので、数万円とかが当たり前の世界です。

 

数千円のフルウィッグでしたら、少々前髪が長くても、文句をつけることはないでしょう。

 

カットしてしまえば済むことなのです。

 

ただ、問題は、案外前髪をうまくキル方法を知らない人がおおくて、垂直にきってしまって、ぱっつんな前髪になってしまう事です。

 

もちろんもともと姫カットとにするためだったら、それもいいでしょうけれどね。

 

姫カットで、垂直にきるのでしたら、ス子に凌駕多くなるかもしれません、その場合はすきばさみですけばいいでしょう。